« 1年って実は長いのかも | トップページ | 学園紹介ほぼ完成 »

2010年6月 7日 (月)

受難の青

会社の近くの集合住宅は、フェンスのところに様々な植物が植えられています。
季節ごとにいろいろな花が咲いて、とても綺麗でした。
ところが手入れをする人がいなくなったのか、ここ2年ほど、育つに任せて放置された雑木・雑草が目立つようになっていました。
いまも、勢いよく生い茂っているのはドクダミばかり、という状態です。

しかしその中に、ぽつりと時計草の花が咲いているのを見つけました。
数年前はたくさん咲いていたのに見かけなくなったので、枯れてしまったのかと思っていましたが、生き延びた蔓がいたんですね。
色は淡く儚げな風情ですが、中心の時計の針はしっかりと張っています。

Flower5

この花を見ると、なるしまゆりの「少年魔法士」を思い出します。
パッションフラワーズブルー。
ヨーロッパではキリストの受難を示す花なのだと、この漫画で知りました。
そして、パッションフルーツがこの花の実であることも、そこからの派生で知りました。
・・・まあ、実際は食用の時計草と観賞用の時計草は別物らしいですが。
私の知識の大半は、こういった漫画から増えていっているので、非常に偏りがあり、また不確かです(^^;

|

« 1年って実は長いのかも | トップページ | 学園紹介ほぼ完成 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。