« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月27日 (土)

そもそも何がしたいのか

自分のコンセプト作りに疑問を持ち始めました。

こんばんは。仕事で待ち時間が多いので、その隙に設定を詰めようと思いながらも差し入れの誘惑に負けて何も進んでいないあかねです(汗)。
先週に「次は実のある話を」などと言いましたが、無理でした、すみません・・・。

やってみたいストーリーの方向とやってみたいシステムは何とかかみ合わせたものの、それを大きな世界観に落とし込んだときに、PCの持てる能力の設計が上手く行ってない感じです。
能力のバリエーションの付け方をいろいろ考えてみているのですが、しっくりこなくて・・・。
斬新なものにしなくちゃいけないわけではないので、シンプルに考えていいのでしょうけれど、どうも発想が膠着してます。
もともと私はアイデアを出すのが苦手で、ゲームの最初の設計は何度やっても上達しなくて悔しいです。

ストーリーの大きな流れは作りました。
中心となるNPCも、役割的なところは出来上がり、あとは個性をつけるだけです。
それを活かせる舞台と能力・・・難しいですが、なんとか形にしたいものです。

そんな私を助けて下さる方、大歓迎!!(爆)

| | コメント (0)

2010年2月21日 (日)

思い出のゲームソフト

最近は時間もなくてあまり遊んでいませんが、TVゲームは大好きです。
RPGとADVを遊ぶことが多いです。
よほどのことがない限りは、たいていのソフトを楽しく遊ぶほうなので、その中から一番を選ぶのは非常に難しいですね。
どのソフトも、それぞれ面白い部分はありますから。
そこをあえて選ぶとしたら、やはり初めての衝撃を受けた作品になるのではないかと思います。

私が初めて遊んだゲームは、PC版の「ドラゴンスレイヤー英雄伝説」でした。
もともと物語が好きだった私は、ストーリーを自分で進めていくRPGというジャンルに夢中になり、姉と競うようにしてクリアしました。
3回くらいはプレイしたでしょうか。あまりにも気に入り過ぎて、続編の「2」のシステムの改悪ぶりにはガッカリしたものです。
5インチフロッピーのドライブ付きのパソコンが壊れた時にソフトも処分してしまい、もはや遊ぶことができません。PSに移植されたときに買っておけばよかったかなと、少し後悔してます。

その後もFFやDQといったRPGを中心に遊んでいて、初めて遭遇したADVが「東京魔人学園剣風帖」です。
姉に「とにかく面白いからやってみて」とソフトを借り、一気にハマりました。
あまりにハマった結果、その頃のニフティサーブでお世話になっていたゲームサークルさんで布教しまくってみたり(^^;
続編の「外法帖」も面白かったですが、剣風帖にはかなわなかったですね。
シリーズ完結編の第3部はいつ発売になるのか、気になるところです。
このシリーズはバトルパートがタクティカルSLGで、バランスは非常にヌルいんですけど、タクティカルの苦手な私は一戦闘に一時間とかかかるのがザラなので、そこだけがつらいです。

この2作品については、語りだしたら止まりませんので以下自粛(笑)。
他にもお気に入りソフトはいっぱいあります。
最近は乙女ゲーム熱も再燃し、積みゲーが増えていて困ったものです。

ということで、またもコネタマからネタを持ってきた更新になりました(^^;
No.1、と明確に断定は出来ませんが、いろいろなソフトを楽しめるのはありがたいことだなぁと思います。

来週は、もう少し何か実のある話が出来るといいのですが・・・。
頑張ります~。

ブログネタ: あなたの好きなゲームソフトNo.1は何?参加数拍手

| | コメント (0)

2010年2月14日 (日)

コネタマ初参加

ココログにログインしたら、なんだかちょっと気になるブログネタのお題が出ていたので、コネタマに初参加です。
お題は「教えて『本屋さんでのエピソード』」。

買うものはラノベとコミックスにほぼ限定されますが、それでも本屋さんには毎日のように通っています。
出先で時間が空いたときなどは、喫茶店に入るよりも本屋さんで立ち読みをするほうが好きで、立ち読みで読みふけってつい長居をしすぎてしまうことも。
最近はニコッとタウンのお友だちからラノベ以外の面白い作品を紹介してもらう機会が増えたので、ますます本屋さんに入り浸りです。
近所の本屋さんでは、日参しすぎて常連認定をされ、カバーや袋を辞退すると「いつもありがとうございます」と言われるようになっています(苦笑)。

でも、ネタになるようなエピソードがあったかどうか思い返してみると、意外と無いものですね・・・。
本屋さんという空間そのものが、静かで落ち着いたイメージでもありますし。
どうにかネタっぽい話と言ったら、意外な人とばったり出くわしたことくらいでしょうか。

あれは、入社して数年目でした。
帰り道に、学生時代に私がアルバイトをしていた本屋さんに寄りこんだときのことです。
私が働いていた頃にいた人たちの多くはまだそこで働いていて、知り合いの店員さんたちと買い物ついでに少しお喋りをしていました。
その時、不意に声をかけられて振り向くと、仕事でお付き合いのある会社の男性が本を買いに来ていたのです。
お江戸ではなく、私の地元の本屋さんだったので、まさか仕事の知り合いと会うとは思わず、とても驚きました。

どなた?と本屋さんの人に聞かれましたから、今一緒に仕事をしている会社の人です、と答えて双方を紹介しました。
その男性は「素性がバレちゃったから、もうここでえっちな本は買えないなぁ」と笑っていらっしゃったものです。
もちろん、そんな本をひんぱんに買うような方ではありませんでしたよ?(笑)

地上4階・地下1階の大きな本屋さんで、それぞれのフロアに責任者がいて、かなり専門的な品揃えをしていました。
しかし、その本屋さんも今は移転し、駅ビルで規模を縮小して営業しています。
活字離れとネット書店の台頭で、町の本屋さん以外の大きなお店も、維持して行くのは難しくなっているのでしょうね。
でも、画一的にベストセラーだけがずらりと並ぶ本屋さんばかりというのは寂しく感じます。
出版数はたくさんあるのですから、担当者の個性やこだわりが見える棚のある本屋さんがもっともっと増えていって欲しいです。


ブログネタ: 教えて「本屋さんでのエピソード」参加数

| | コメント (2)

2010年2月 7日 (日)

何もない1日

今日の関東地方は、とてもいい天気でした。
雲ひとつない空が、ほんの少し色を増して来た気がします。
冬から春へと季節は移っていきますね。

外はまだまだ寒いですが、家の中の日向は、かなり暖かいです。
窓際で日向ぼっこをしているアールにちょっかいをかけてみました。

R3

に゛ゃー、と鳴きながらこちらを見ます。

R4

いやもう、何がなんだかわからないヒドイ有様です(^^;
この子は色のせいでかなり損してるなー。

何もせずぼんやりと、一日だけのお休みは過ぎていきました・・・。

| | コメント (0)

2010年2月 2日 (火)

儚く消えゆくもの

ちょっとした用で新宿へ出た際、少し時間があったので、ポイントを消化してしまおうと東口の「さくらや」へ寄ってみました。
2月いっぱいで一斉閉店、の報を聞いたときには、まさかと思ったものです。
あれだけ知名度のある大型店でも、消える時は一瞬なんですね・・・。

ポイントは一万円分くらいあるので、そこそこの買い物が出来るはずです。
どうせあぶく銭と思えば、切羽詰って必要ではないものに使ってもいいかと、一番の目当ては電子メモ帳「ポメラ」でした(^^;
次点でiPod、またはちょっといいヘッドフォン、あたりを狙って売り場へ行ったのですが・・・。

見事に、すっからかんです。
フロアもいくつかはすでに閉鎖され、棚に残った商品は数えるほど。
選ぶ余地があるほど残っているのは携帯電話だけ、というような状態でした。
もちろんポメラもiPodも見当たりません。
今月いっぱいと言わずに閉まってしまいそうでした。

ホビー館はどうだろう、とそちらへ向かうと、やはり品揃えはかなり寂しい感じです。
山積みで投売りになっているタイトルもありますが、そのほかは少なくなっています。
DSのLLを買うもありかなぁ、などと思いつつも大きさに腰が引け、ソフトを2本ばかり買い込んで引き上げました。
・・・いつプレイするんだという話ですが(爆)。

他の家電量販店もいろいろ苦戦しているというニュースは聞きます。
生き残るためには切り捨てることも必要なのでしょうけれど、あれだけにぎわった店も、こうしてあっという間に消えていくのかと思うと何やら切ないです。

信号待ちで空を見上げたら、飛行機雲がくっきりとした線を描いていました。

Sky

デジカメを取り出している間にもその線は揺らぎ、写真を撮った時にはもう、こんな風に途切れてしまいました。
信号が変わる頃には空に溶け、みるみるうちに消えていきます。
どこか暗示的に思えました。

| | コメント (2)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »